無料のWebヒットカウンター

日本のGMOインターネット、7nmリグを使って独自のBitcoin Miningを強化

日本のインターネット大手 GMO 昨年12月のビットコイン鉱業での冒険に挑戦し、採掘報告書を発表した。 採掘訓練中、同社は7nmリグを使用しました。 GMOのスポークスパーソンはnews.bitcoin.comと話し合い、プロジェクトの詳細を提供した。

GMOのBTCとBCH

gmo、BCH、BTCの画像検索結果GMOは、鉱山活動について昨年12月に開始した報告書を発表した。 同社はBTCとBCHを異なる比率で採掘している。 同レポートによると、今年6月現在、インターネット巨人はCrypto Miningで1906 BTCと636 BCHを採掘してから採掘しています。 6月だけで、同社は528 BTCと62 BCHを採掘した。

報告書によると、BTCの採掘は今年5月に21の12月の2017から472へと増加した。 1月から4月の間に、同社は93、124、295、373 BTCをそれぞれ採掘しました。 この報告書では、2月にBCEの最高採掘数(287)を記録し、4月に鉱業活動は報告されていないBCH鉱業の数字が示されました。 12月、1月、3月に、GMOはそれぞれ213,23と12 BCHを採掘しました。 同社は5月に37 BCHを、6月には62を採掘した。

報告書によると、ほとんどの場合、BTC鉱業の増加に伴い、BCH採掘が減少したことが示されています。 したがって、数字は混乱しており、特にこれらの変化する数字の背後に理由を確立することを決定した人にとっては混乱します。 同社の広報担当者は、BCH - BTCの採掘比率を決定する際に、同社は現在市場環境を検討していると語った。

ハッシュレートの上昇

また、ハッシュレートが上昇していることも報告されています。 同社のプールは、今年6月に22 PHN / 12月2017から384 PH / sに増加しました。 5月に299 PH /秒のハッシュレートがありました。 同社は、ハッシュレートの増加が、同社の鉱業におけるより多くのコンピュータの使用に起因していると考えている。 同社は今年末までにさらに多くのコンピュータを導入する予定であり、ハッシュレートが3000 PH / s程度に増加することが見込まれている。

GMOインターネット、7nm鉱業用漁業を利用

GMOインターネットは昨年暮れ、Crypto Miningの活動を開始し、社内鉱業、クラウドマイニング、Crypto Miningマシンの製造と販売の3つの分野に事業を細分化した。 今年6月には、2nm鉱山の第一弾であるGMO鉱石B7を紹介しました。

このレポートでは、同社はGMOの採掘業者B2が1台あたり$ 1999で販売していることを明らかにした。 その後同社はGMOの採掘業者B3を立ち上げ、これまでの採掘業者をアップグレードした。 新しい鉱山機械のハッシュレートは約33 TH / sです。 今年11月にはいずれかのモデルの出荷が開始されるため、マシンはすぐに国際市場に到着する予定です。

先月、同社の広報担当者によると、インターネットGMOは先月、様々な7nm採掘リグを使用し始めた。 同社は、今年10月に社内およびクラウド鉱業事業で、より多くの7nm機器を使用する予定です。 同社はGMO Miner B3を使用する予定であるが、採掘リグは交換されない。

"
»