Cryptocurrency Marketの状態は何ですか?

過去10年間、暗号侵害市場の妥当性について数え切れないほどの議論がありました。 少数だけ理解されているこの話題は、認識を超えて誤解されている。 過去の失敗のために怒っているものもあれば、恐れや混乱のために怒っているものもあります。

交換所が政府によって標準化されておらず、中傷を受けていないという事実は、それを探検する価値のある話題にしている。 しかし、銀行や民間企業などの多くの設立された金融機関は、少なくとも目に見える形でサインアップに失敗しているため、他の組織や個人がこの分野への投資を行うことはコストのかかる動きです。

注目すべき変更のいくつかは何ですか?

が指摘したように Bitcoin.com、 間接的に市場に浸透している金融機関もある。 会員として登録するのではなく、デジタル通貨を生み出す鉱夫を使います。 その結果、購入の背後にある正確な動機は幽霊のままです。 フォーブス誌は、ニューヨーク証券取引所とゴールドマン・サックスを投資家の一部として挙げた。

Cryptocurrency市場における幽霊取引の利点

cryptocurrency市場に参入するために機関投資家をバッファーとして使用することにより、受益者は投機をピークに保つことができます。 高い価格設定と購入競争のような標準市場に存在する崖や溝を避けることとは別に、彼らは商品の初めての所有者になります。 バイヤーは価格を早期に設定し、一括して購入することによって運命を決定します。

推測のいくつかは何ですか?

現在のトレンドによれば、近い将来に暗号化市場が支配的になるという兆候があります。 支配力は、恐れを抱く者の想像力をさらに刺激し、混乱した人に明快さを与え、恐れを縮めるという犠牲になる。 利点と並んで不利な点、すなわち仮名で不可逆的な性質を教えることで、その概念は信じられないものになります。

小規模投資家を遊び場に残す不安定さのため、機関は暗号侵害市場から離れています。 確立された金融会社は、計算されたリスクを取ることで知られています。 つまり、最小限の損失と豊富な獲得の可能性がある場所に投資することです。 不本意な性質は、現在の安定性が、一部の組織の部分的な参入、リスクの欠如、市場の堅さによるものかどうかという疑問を残す。

投機は、一部の投資家が市場に足を踏み入れる大きな障害となっています。 多くの投資家と非投資家は、このコンセプトについての情報が最小限または誤っているにもかかわらず、話しています。 その結果、銀行や民間企業が投機を破棄し、専門家から問題について学ぶだけで、市場の組織の全面的な効果を感じることができます。

暫定的には、暗号侵害を完全に受け入れることで傾向を安定させることができます。 つまり、金融機関の人気が高いことを見ています。 予想通り、他の組織は市場を支配するための戦いを見て、市場を無秩序にしています。 しかし、グローバル暗号暗号市場のメリットとデメリットの詰まったパックはまだ経験されていません。

"
»