Bitcoin、レギュレータの機会を増やす

Bitcoin、レギュレータの機会を増やす

あなたはと思った場合には ビットコイン市場 あなたは間違っています。 事実、市場が旧規制当局を雇って大リーグに加わったため、正反対のことが起こったばかりです。 Cryptocurrency社は現在、ウォールストリートのメガバンクと競合しており、 政府所有のテレコム独占 他の大手企業との 経験豊富な人。 Bitcoinは以前の規制当局を給与計算に入れました。

別の規制当局が暗号業界に参加

Andereesen Horowitzは、雇用したことを発表しました ケイティ・ハウン ゼネラルパートナーとして 多様性と包括性の実証であるため、多くの技術刊行物がこの拍手を賞賛しています。 これは主に彼女の性別のためです。 しかし、一部のアナリストは、最近彼女をCryptocurrency社に移籍した政府の弁護士と規制当局者とみなしている。

HaunはCryptocurrenciesには新しくない人もいます。 彼女は 連邦検察官として米国司法省(DOJ) 10年以上。 彼女は主に詐欺、サイバー犯罪、コンプライアンスの失敗を処理しました。 彼女はSEC、FBI、財務省などの機関と協力してきました。 彼女の他の業績には、DOJのデジタル資産の最初のコーディネーターが含まれています。 後山 ゴックスハック、彼女は調査をリードする役割を与えられた。 彼女はまた、シルクロードのタスクフォースにおける腐敗事件の調査においても重要な役割を果たした。

彼女の履歴書は、彼女が非常に能力がありインテリジェントな女性であることを証明します。 彼女は法律の専門家です。 彼女がベンチャーキャピタルではないという事実は、同社における彼女の役割についてさらに疑問を投げかけることになるだろう。 しかし、企業が様々な法的課題に打ち勝つのを手助けするという強い信念があります。 さらに、彼女は提供された法的枠組みの中で会社が働くことを保証する上で非常に重要です。

暗号業界に加わった他の規制当局

メアリー・ベス・ブキャナンがクラクケンに加わりました 今年5月。 以前は、ペンシルベニア州西部地区の米国弁護士でした。 Kiran Raj氏は、昨年12月にBittrexを通じてCrypto業界に加わったチーフ・ストラテジスト・オフィサーの別の規制担当者です。 以前は、国土安全保障省(DHS)の副法務顧問でした。 ジョン・ロス氏はコンプライアンス・アンド・コンプライアンス責任者として最高経営責任者(CEO)に入社しました。 以前は、DHSインスペクターであった。 Ben Lawsky氏は、2015でCryptocurrency業界に加わった元のレギュレーターのひとりで、Rippleの取締役会メンバーの一員になった。 彼の実績 ニューヨーク監督 of 金融サービス のためのチャンピオンを含む ビットライセンス.

新しい傾向がどのように暗号業界に影響するか

最近のクリプト部門に参加する規制当局の事例は違法ではない。 これらの元監督当局は、複雑な法的制度を巡って暗号企業のほとんどを支援するうえで重要です。 この動きはまた、新規参入者に民間セクターにおける政府の経験を利用する機会を提供する。 しかし、最近の 新たな参入障壁が導入されるにつれて、トレンドは厳しい競争を妨げるでしょう。 たとえば、アメリカで新しい暗号交換を開くことを選択した人は、十分な資本を持っていても評判の高いレギュレータを得るために適切な接続を探す必要があるかもしれません。

これらの規制当局の雇用は、正直な弁護士がプロセスをより煩雑にするこの動きの悪影響を見るまで、継続する可能性があります。 しかし、それまでは、多くのBitcoin企業が貴重な人材を継続して採用することが期待されています。

"
»