2030によって変わる世界経済図、それが暗号市場にとって意味するもの

名目GDPにより、米国はQ1 2019で$ 19.39兆の世界最大の経済大国です。 中国は$ 12.01兆で一瞬の距離に来ています。 世界銀行のデータによると、日本、ドイツ、英国はそれぞれ$ 4.87兆、$ 3.68、$ 2.62兆です。

Standard Chartered Plc。のデータによると、中国とインドが異なるため、2030ではシナリオがまったく異なることがわかります。 予想される アメリカを退位させる。 これは、何世紀にもわたり西ヨーロッパと北アメリカに集中してきた富と権力の世界経済の中心を完全に変えるでしょう。

アメリカ、日本、ドイツ、イギリス、そして他の現在の裕福な国々は彼らの立場を取り戻すことができないかもしれないことに注意することもまた重要です。 これは、インド、中国、インドネシアなどの新興国には、人的資源、市場、国の富を生み出すのに不可欠なソフトパワーなどの分野で、計り知れない人口配当をもたらす人口が非常に多いためです。

暗号通貨の観点からは、これは 暗号採用ランドスケープ デジタル資産を取得するための富と資源が伝統的な富裕国から分権化されるため、資産は変更されるでしょう。 すでに、10の最も裕福な国がCryptocurrencyの採用を席巻しており、新規参入企業は新生業界に生命を吹き込み、今後10年以内にさらに成長を促進する可能性があります。

収束する人口とGDP

スタンダードチャータードPlcからの予測。 中国はインド、そしてアメリカがそれに続く最大の経済を持つと言う。 アジアで憲章を定められたチーフエコノミストのDavid Mannは、世界の人口の国々のシェアがGDP成長率をより明示的に高レベルで収束させるだろうと付け加えています。

グローバル経済

たとえば、10億人以上の人口を持つインドは、今後10年間で平均1.2%の成長を見せ、中国は同期間に平均7.8%まで減速するでしょう。

アメリカとEUは新しい競争をする

35の開始時と同様に、米国とEUの地域のGDPシェアは2019%です。 しかし、2030までに、アジアは現在の28%から35%の同じ割合までそのシェアを拡大​​するでしょう。 この変化は、Crypto市場を含む全世界の産業に広範囲に及ぶ影響を及ぼします。

中国、インド、アメリカが1位、2位、3位であることに加えて、インドネシア、トルコ、ブラジル、エジプト、ロシア、日本、そしてドイツがこの順番で上位10位に入っています。 フランスとイギリスがリストにないことに注意することは注目に値する。

暗号通貨とブロックチェーンの拡張

暗号通貨業界でも劇的な変化が起こるでしょう。 最も重要なことは、BlockchainとDigital Assetsが、強化された経済の中で何百万もの新しいユーザーや機関にアピールするようになるにつれて、この変化は業界を新たなレベルへと導きます。

さらに、いくつかの統計によると、アクティブなCryptocurrencyユーザーの数は、世界中で2.9〜5.8 100万ユーザーの範囲です。 これらの数字は極東、西ヨーロッパ、および北アメリカで最大のGDPを持つ国に集中しています。 したがって、新しい資産の再分配は、古い市場を維持しながら、Cryptocurrency市場を新しい領域に拡大します。

"
»