無料のWebヒットカウンター

海外の資金移動のための暗号を作成するための共同の努力で一流の銀行

3の6月の日経アジアレビューによると、銀行業界の14大手金融サービスプロバイダーは パートナーシップ 海外送金用のCryptocurrencyを開発する。

スイスの多国籍投資銀行であるUBS Group AGによって導かれて、Bitcoinの後にモデル化されることになっているCryptocurrencyは国際貿易と世界経済協力にとって重要であるクロスボーダー支払いを解決するために理想的になるでしょう。

この共同作業では、今後のCryptocurrencyの使用をサポートするBlockchainテクノロジプラットフォームの開発も伴います。

この報告書はまた、このプロジェクトが英国に本拠を置くFnality Internationalという会社によって管理されるように設定されていることも明らかにしています。 したがって、BankingコンソーシアムがCryptoとそのサポートプラットフォームの実装の基盤をすでに確立しているため、プロジェクトの成功が90%保証されていることは明らかです。

パートナーは金融業界の大手企業です。

UBSグループAGに加えて、プロジェクトに参加している他の銀行が含まれています。 ヨーロッパのバークレイズ、クレディスイス、アメリカのステートストリート、三井住友銀行、MUFG銀行。

ベンチャーのグローバルな性質を示すために、 日経アジアレポート さらに、金融関係者が国際金融の主要地域であるヨーロッパ、アジア、そしてアメリカに分散していることを明らかにしました。

パートナーはこれまでのところプロジェクトの資本として$ 63百万ドルを寄付しました。

新しい暗号はユーティリティ決済コイン(USC)と呼ばれます

海外送金ソリューション用に開発されているデジタルトークンの名前は、Utility Settlement Coin(USC)と呼ばれています。

ユーティリティ決済コイン

USCは、即時の送金およびより安い支払いの促進を目的としています。 この野心的な使命を達成するために、プロジェクトのBlockchain開発者は仲介者を排除するためにBlockchainに賭けています。

USCはステーブルコインになります

最も重要なことに、FnalityはUSC用のアカウントを作成し、主要なFiat通貨にデジタルで固定されるトークンを発行するように設定されています。

しかし、USCの裏付けは、主流の金融システムの外側で運営されているTether(USDT)やDAIなどの他のStablecoinsによって設定された標準からは少し変わったものです。 これは、USCトークンが、例えば日本のローカルユーザの銀行が、米国への送金のために円などのFIATを受け取るときにのみ、Fnalityによって発行されるように設定されているという事実によるものです。 この例では、Fnalityによって管理されている中央口座はUSCを受取人の銀行に割り当て、振替の条件に従ってFIAT通貨を入金します。

USCは主要なFIAT通貨をサポートします

USCソリューションは、カナダドル、米ドル、円、英国ポンドなどの少数の通貨の転送にのみ使用されるように設定されています。 この時点で、プロジェクト開発者はプロジェクトに参加するためにより多くの銀行と交渉しています。

それにもかかわらず、投資家とCrypto愛好家はUSCが金融機関によってのみ使用されることに注意するべきです。

USCの展開のスケジュールは2020の後半に予定されています。

"
»