暗号通貨が一般的なメディアに浸透し、ありふれたものになる

主要な暗号通貨会社のタイムリーな広告活動は、多くの投資家が新しい機会を求めて必死であるのと同時に起こっています。 コロナウイルスの前例のない経済の不調により、多くの人が資産に対する見方を再評価しています。 世界中の多くの中央銀行は、経済活動を強化するための計画を実行しています。 したがって、世界中の人々がインフレと戦うための新しい方法を模索しています。

アナリストは暗号通貨とその最近のメディアでの成功を比較検討しています

政府からの現在の金融政策が暗号通貨の人気の増加の背後にあると仮定する特定のグループがあります。 彼らには、Morgan Creek DigitalのメンバーであるAnthony PomplianoとMati Greenspanが含まれます。 世界で最も影響力のあるデータ企業の250つであるMicroStrategyは、先週、ビットコイン、BTCにXNUMX億XNUMX万ドルを投入しました。 したがって、BTCは他の形態の通貨よりも経済的価値の優れた貯蔵所であるという彼らの信念を強固にします。

デジタル通貨の引き受けを専門とする会社であるグレイスケール・インベストメンツは、その資産基盤において莫大な成長を見てきました。 これは主に、従来のメディアアベニューでの広告の継続的な戦略的使用によるものです。 これらの広告の収益は、暗号トークンへの意見の広範なシフトがあるという信念を促しました。 グレースケールインベストメントコマーシャルは、他の主要なネットワークの中でも、CNBC、フォックス、フォックスビジネスで見ることができます。

ビットコインデジタル通貨

テレビだけでなく、新聞でさえも暗号化熱のスプラッシュを得る

Galaxy Digitalは、英国の新聞であるFinancial Timesにフルページの広告を掲載しました。 Financial Timesは、その加入者ベースの20%弱が億万長者として知られています。 したがって、経済と日常生活の極端な不確実性のために投資することを人々にアピールする広告。 Galaxy Digitalによると、人々は何に投資すべきですか? ビットコイン。

もちろん、みんなの心に掛かっている主な質問は次のとおりです。 すべての広報活動は暗号通貨の受け入れを増加させるでしょうか? この時点では、答えは明確ではありません。 ただし、暗号の業界リーダーは、これらのメディアドライブの影響について警戒しています。

Fintech業界への広告の影響

ネクタイの最高経営責任者であるジョシュアフランクは、この件について最近の考えを共有しました。 ギャラクシーデジタル戦略は、ビットコインは金に代わるものであるという現在の考えに関連していると述べています。 彼はテレビのコマーシャルが投資のより大きなリターンを持っているであろうと彼が続けたと続けました。 しかし、彼は最大の焦点はソーシャルメディアにあるべきだと述べました。

これまで見てきたように、TikTokと主要なインフルエンサーは、暗号トークンに大きな影響を与えてきました。 印象的な例のXNUMXつはDogeCoinです。 暗号通貨会社がこの関心の波を最大限に活用するには、ペースを維持する必要があります。 暗号トークン、特にビットコインは、最近の経済発展にもかかわらず、著しく好調です。

専門家は、伝統的な通貨の間でインフレが高まっていることに対する国民の不満が高まっていると述べています。 暗号通貨を通じてこれを回避する機会は魅力的であるだけでなく、ますます実行可能に見えます。 重要なのは、従来のメディアスペースと新しいメディアスペースの両方で本物のコンテンツを最大化することです。

あなたはおそらくそれも好きでしょう: