東京証券取引所に上場している会社を取得しようとする暗号会社

東京証券取引所に上場している会社を取得しようとする暗号会社

A 日本の暗号会社 国の証券取引所に上場している企業を買収しようとしていることが明らかになった後、論争を巻き起こしている。 会社が成功すれば、世界最大の株式の1つに記載された暗号ベースのビジネスを持つことができます。 さらに、これはトークンベースのプロジェクトを公開企業にします。 証券取引所はこの暴露によってショックを受けており、上場企業は来月に株主総会を開き、問題について議論する予定だ。

暗号証券会社は東京証券取引所に上場されますか?

ノアコンクの後ろにあるノアアークテクノロジーズは、東京証券取引所に上場しているビートホールディングスという会社を買収する計画だ。 この動きにより、暗号会社は公開会社になり、会社はより多くの資本を調達することができるようになる。 これは、トークンベースの企業が主流市場にどの程度まで参加することが決定されたかを示す最新の開発です。 ストーリーがどのように展開されるのかを見るのは面白いだろう。

買収を達成するためのノアアークの計画

Noah Arkは、香港に本拠を置くクリプト会社です。Noah Arkは、香港に本拠を置くクリプト会社です。 最近、日本で働くフィリピン人の送金を促進するために、Noah Coinと呼ばれるデジタル通貨を作成しました。 同社は、このコインは観光産業でも使用されるとしている。 このコインは、2023が開発しようと望んでいる新しい都市Noah Cityにも力を与えます。

ノアは、東京証券取引所の最大株に上場しているビートホールディングスの重要な投資家です。 Cryptoの会社は、Beat Holdingsが新しい株を発行し、買収権を共有して主要株主にすることを望んでいる。 同社はビートホールディングスの議決権の半分以上を取得することに決めた。

ノアは、ICO市場の暗号投資家からの資金調達だけに制限されることを望んでいません。 同社は従来の証券取引所に行くことに決めました。資本を増やすためのさまざまな方法にアクセスできるからです。 東京証券取引所とビートホールディングスは抱き締められており、この問題の対処方法を検討している。

Noahが買収計画に直面する課題のいくつか

Cryptocurrencyセクターは、伝統的なマネーマーケットのすべてのプレーヤーからのサポートをまだ受けていません。 その結果、伝統的な市場へのアクセスを暗号企業が試みると、確かに強い反対があります。 ノアの試みは惜しまれていない。

東京証券取引所のある関係者は、日本経済新聞と話しながら、ノアとビートの最新の開発に悩まされていることを明らかにした。 多くの人は、クリプトを拠点とする会社がバックドアを通して東京証券取引所に入ろうとしていると信じている。 意外にも、取引所は法的に上場会社の買収を止めることができない可能性があります。

ノアは、ビートが計画を受け入れることをまだ確信しておらず、上場会社の経営陣がその動きに抵抗しているという報告があります。 次の月、問題が議論されるかもしれない株主総会があります。 Noahが買収に成功すれば、その新しい地位は、その国における独自のCrypto Exchangeの承認を得ることを可能にする。

"
»