G20がAMLとテロ対策政策を導入するように設定されていることを報告が明らかに

地元の日本のメディアハウス協同組合からの報告によると、G20加盟国は暗号通貨の規制を検討しようとしています。 メンバーは 紹介する 暗号通貨取引を管理するためのマネーロンダリング防止およびテロ対策の方針。

次回のG8サミットが開催される6月の9thから日本の福岡での20thの間に議論が開始される予定です。 グループの議長でもある日本の首相、安倍晋三は、首相の首脳会議の首席を務める。

による グローバリストデータ、組織はEUを含む$ 85兆ドルで世界のGDPの63%を占めています。 しかし 統計データ G20がグローバルGDPの43.49%シェアを持ち、46.55によって2023%に急上昇するように設定されていることを示します。

これらのデータは、このグループがほとんどの産業に影響力を持つことを証明しています。 そして彼らの政策はCrypto市場の方向性に影響を与えます。

サミットの目標

このイベントでは、暗号通貨を使用することで、マネーロンダリングの増大する課題にうまく対処できるポリシーの制定に焦点を当てます。 首脳会談はまた、暗号通貨によるテロ資金の確保を確実にする枠組みの確立を目指します。

AML

加盟国の中央銀行総裁、および財務長官/大臣で構成される著名な政策決定者が、首脳会談の重要な貢献者となるでしょう。 彼らのディスカッションレポートは、デジタルトークンのためのAMLとテロ対策の枠組みを確立することの重要性について国家元首を志向させる基礎として使われるでしょう。

暗号ベースプラットフォームでの匿名性の削除

一部のDLTプラットフォームは許可されていないため、ブロックチェーンプラットフォームはユーザーのプライバシーを保護する方法として匿名機能を保証します。

共同通信の報告によると、G20諸国は、匿名性を非合法化するために各顧客のアイデンティティを確立するために暗号支払いプラットフォームが厳密なKYCを実施することを確実にするコンセンサスに達すると期待されています。 これは、取引を透明にし、地下ビジネスを維持するためにCryptosに頼ると非難されてきたテロ資金提供者やマネーローンダラーに対する抑止力としても機能します。

G20は長い間暗号規制を求めています

Cointelegraphのレポートによると、G20はCryptosurrencyの規制のペースを設定するために、Cryptosの誤用をナコモトサトシの目標に対して阻止するために特に積極的に取り組んできました。

12月に、G20は、暗号通貨を含む国境を越えた電子支払いのための課税システムを展開することを国と経済的ブロックに提案しました。 この問題は2018ブエノスアイレスサミットで浮上し、メンバーは2019でこの問題に関する詳細な議論を行うことを約束しました。

主流の世界での暗号の紹介

GMLNUMXによるAMLおよびテロ対策資金調達規則の導入のイニシアチブが成功した場合、Cryptocurnciesは、金融、銀行、保険、国際貿易などの主流産業に先導される可能性があります。ポリシーによって強化される、分散型、安全、不変、グローバル、そして透明なブロックチェーンプラットフォーム。

"
»