Coinbase on Trackで日本でのライセンス取得

日本は暗号化交換に関する最も厳しい規制の1つを持っており、多くの暗号化企業は規定のルールのためにベンチャーを完全に放棄してしまいます。 しかし、 SmarterumMike Lempres、Coinbaseのチーフ・ポリシー・オフィサー、ライセンスの取得プロセスは順調です。 Coinbaseは2018の6月に日本への事業拡大を発表し、2019でライセンスを得る可能性があると見通している。

彼らはすでに日本に事務所を開設しており、北澤奈央は国のCEOであるが、事業を開始する前に日本の金融庁から許可と免許を取得しなければならない。 Coinbaseによる日本への移転は、ニューヨークに最初の恒久的な事務所を開設し、機関投資家を対象とした後に行われます。 同社は、150の従業員から2019の終わりに20の従業員に業務を拡大したいと考えています。

厳格なFSA暗号化規則

最近、Coincheckをはじめとする日本の暗号化交換が深刻なセキュリティ侵害を被ったため、FSAはより厳しい暗号化規則を制定しました。 ほとんどの国が業務を完全に禁止しているときに、彼らがcryptocurrency市場を受け入れ、規制していると発表したとき、国は最も好ましい国の一つになった。 FSAは、160暗号オペレーター以上に、新しい規制の制定後でさえ、日本で営業するライセンスを取得するために申請したことを明らかにした。

今年1月に最も厳しい規制が施行されました。 彼らは新しい事業者の承認要件を強化した。 この記事を書いている時点で、FSAは16で2017の交換を承認し、準オペレーターとして16他を予約しました。 現在、疑似オペレータの3だけが操作を許可され、12は取り消され、1つは拒否されました。 運が悪いので、Zaifは、9月に暗号の交換がハッキングされました。 この一連のイベントは、より厳しい規制につながり、新しいオペレーターは承認のためにマークを満たすのがより厄介であると感じるでしょう。

コインベースの最高責任者(COO)は、これが、障害を乗り越えて日本でサービスを開始すると確信しています。 Mike Lempresは、厳格な規制は、日本でのキャンプの設立への道のりではほとんど障害ではないと付け加えた。 彼は、Coinbaseは、より厳しいセキュリティ対策を確保することに重点を置いていると指摘しています。FSAは、日本の暗号暗号市場を規制する際に熱心です。

コールドウォレットストレージ

Lempresは、暗号資産の99%をコールドウォレットに格納すると、オフラインで格納されることを意味します。 これにより、資産をハッカーから守るために、より適切に配置されます。 他の1%はトレーダーの便宜のため、保険付きのインターネットに接続されたホットウォレットに保管されています。 しかし、レムレス氏は、FSAが日本でのシステム管理を主張すれば、米国で苦労して構築した厳重なセキュリティを損なうと指摘した。

すべてがうまくいくと、FSAはCoinbaseトランザクションをより詳細に監視することができます。 Lempresは、彼らが米国でのストレージの保護に多額の投資をしており、それを日本で複製することは難しいと言います。

"
»