北朝鮮の抵抗グループCheollima Civil Defenseは政府を倒すためにEthereumトークンを販売

朝鮮民主主義人民共和国の反体制派グループは、政府を破壊するためにEthereumを使いたいと考えています。 このグループは200,000ビザを売って、外国人が国を解放するためにその国を訪問できるようにしたいと考えています。

CCDとその起源

反対派集団のCheollima Civil Defense(CCD)は、北朝鮮からの反体制的アナキストで構成されています。 CCDは解放後の期間、Ethereumトークンとしてビザを販売しています。 グループは、北朝鮮の指導者キム・ジョンウンを倒すために資金を集めるためにこれを行います。

CCDはKim Han-Solを保護するために2017で作成されました。 Han-Solは、クアラルンプール空港の2017で暗殺されたKim Jong-Unの兄弟、Kim Jong-Namの息子です。 暗殺で、Jong-Namの直近の家族の命を救うための声が高まり、グループはもっと影響力を得ました。

Ethereumのブロックチェーンでビザを売る

その上で ウェブサイトCCDは、彼らが「Free Joseon」を訪問するために200,000ビザを販売すると発表しました。 解放後にグループが国に付ける名前。 ビザは、他の目的には役立たないERC-721トークンの形で発行されます。 グループはそれらをGビザと呼びます。 最初の1000ビザの価格は1 ETHです。 各Gビザは、45日間有効です。 しかし、それらはすべて3月の1st 2029に期限切れになります。 今週から排出が始まりました。

グループは、1つ以上のコインを所有することが運動への貢献であると述べました。 したがって、保有者はこのトークンを通貨として使用したり、投機目的で使用したりしないでください。 CCDは、その目的の1つが朝鮮民主主義人民共和国内の内的抵抗を刺激することであることを明らかにした。 それは、仲間のNorthkoreansに彼らの抑圧者たちに率直に挑戦するか、あるいは彼らを黙って抵抗するよう求める。

スペインの警察は、マドリードの北朝鮮大使館に最近侵入した場合、CCDを容疑者と見なしている。 強盗はなんらかのコンピュータを盗んで大使館の職員を攻撃した。

"
»