無料のWebヒットカウンター

フランスの紛争が保険契約法を改正し、企業が暗号に投資できるように

フランス領デートは Pacteの保険法を修正しました フランスの法律の法律。 これは現在、保険契約が長期のキャピタルゲインのための幅広い投資オプションを持つことへの扉を開いています。

Simmons&Simmons Law companyの弁護士Emilien Bernard-Alzias氏によると、地元企業はデジタル資産を含む専門的なプロフェッショナルファンド(SPF)に投資することができます。

したがって、フランスを拠点とするInsurance Lifeの引受会社は、Cryptosを生命保険契約の投資資産として含めることができます。

ロビイストたちは法律を制定するために法律関係者と協力した

フランス社会のあらゆるレベルで暗号通貨に関する複雑な反応を考えれば、フランスの国民議会が新しい保険法を可決することは決して容易ではありませんでした。 報告によると、立法過程は一年に及ぶものであり、その詳細は双方の希望通りである。

ロビイストは、暗号化法の最も重要な支持者の1人です。なぜなら、彼らは常に立法者に知識と専門家の意見の観点から彼らの提案を論じることの利点を与えるからです。 国民議会による保険法の可決に成功した後、アメリカ、インド、カナダなどの他の議会の管轄区域のロビイストは、訴訟に続き、暗号に優しい法律を取得するために議員と協力することができます。 その間、保険者がCryptoの投資から大きな利益を享受するので、フランスは常に先駆者の利点を持つでしょう。

法律には政府レベルで多大な支持があった

フランスの国会議員、ジョエルジローによると、修正を可決することの終わりは暗号産業を後押しすることではなかった。 むしろ、それは地元の保険契約が動的な専門家のためのファンド(SPF)投資オプションを持つことを可能にすることでした。 その目的は、生命保険が保有者に最大限の利益を保証するために投資ビークルにおける機会を活用できるようにすることです。

サポート

577が保険コードに反対して投票したので、147の総会議員のうち、投票の間に出席したのは3分の1だけでした。

投票結果の後、経済相のBruno Le Maireは、本協定がフランス経済に与える影響について楽観的な見方を表明し、そこで彼は経済の結果的な変化を予測した。

暗号の主流の採用は長い間期待されていました

多くの専門家は、短期間に暗号通貨の主流の採用を予測することがよくありましたが、大量採用の進行を示すための進展はほとんどありませんでした。 しかし、フランス国民議会による保険法の可決により、暗号が生命保険業界の主流に組み込まれるようになるかもしれません。 これは、正式な経済で活動している銀行、ベンチャーキャピタル会社などの他の伝統的な保険支援業界での採用の拡大につながる可能性があります。

投票までは、Cryptoの大量採用を先導するために多くの人々が米国、日本、中国、韓国に焦点を当てていましたが、フランスはすぐに脚光を浴びることができ、デジタルトークンの主流統合の新しい時代を迎えました。

法律の影響を分析すると、Cryptoの生命保険契約に上限はないことがわかります。したがって、現在の強気市場では、被保険者が生命保険の価値を高めようとしているため、Cryptosが急増する可能性があります。

"
»