無料のWebヒットカウンター

説明されているバーチャルリアリティの現在の課題

バーチャルリアリティ

バーチャルリアリティは現代世界における現在のドリフトです。 世界中の専門家がVRの重要性を受け入れ、技術的に知識豊富な非識字者間で市場シェアを獲得することを追求することを定めています。

VRの流行は妨げられてきました。 それにもかかわらず、先駆者の3D画像のための標準的なVRへのエントリーの欠如のために。 写真リポジトリは主に無料の画像をいくつか作成していますが、それらの写真は低水準のものであるか、古くなっています。

VRの使い方

VRはゲームプログラムやスキームに代わるものとして、その実際の出現において進歩しているように見えます。VRは様々なソフトウェアで使用することができます。 VRプログラムは現在、海辺での石油掘削装置の並びのように、実際のライブコーチングが最も危険である労働者を指導するために利用されています。 資産をチェックアウトする個人は、間もなくVRで本格的なバーチャルトリップを利用できるようになります。

被害者は最も深刻な問題に対処することを余儀なくされているが、すべてがソフトウェアルームの保護にあるため、VRは非論理的なパニックと戦うのに役立ちます。 もっとたくさんの出来事があります、そしてこの分野の拡張の未来は広大です。

VRの成長

一般的に、これらの出来事や他の出来事と共に、中長期的なVRの進歩の未来は説得力があります。 膨大な量の研究用板紙取引で規定された最近の調査では、予算のVR商品が膨大であることが明らかにされています。

それにもかかわらず、予想される市場拡大にもかかわらず、VRはアナリストの仮定と連絡を取り合うことができませんでした。

バーチャルリアリティ

現在の課題

バーチャルリアリティの拡張を妨げているいくつかの問題があります。 最初は、3D画像を捕捉するための機構は最大限の基本です。 さらに、利用者はほとんど高い費用の点で最高レベルの装置を試してみる。 さらに、現在入手可能な写真の入力および標準化はせいぜい制限されている。 パイオニアは、標準以下の画像を利用するか、かなりの費用をかけて自分で写真を作ることを強制されています。その大部分は自分たちの商品からバーチャルリアリティ商品の量を評価することです。

標準的な画像が存在する場合、画像保管庫は購入者に多大な費用を課し、開拓者の義務から利益を得ることができますが、それに応じて報酬を与えることはできません。

ソリューション

市場領域における重要な要件は、利用者が(P3P)ピアツーピアネットワークエントリを用いて自分の写真を収益化し作成することを可能にすることができる2D写真リポジトリである。 そのようなシステムを構築しようとしているある会社は、能力です。 同社は3D写真の先駆者が彼らのアジェンダを合法化し、アップロードしそして進める能力を持つことになるプログラムを作成することを計画している。

反対に、購入者は写真へのエントリを持ち、開発者から、あるいは要約ハブから使用権を購入することができます。

結論

結論として、バーチャルリアリティ市場の中で将来の進歩のためにアクセス可能な大きなチャンスで、会社は生産部門と利益の両方を助けることができるでしょう。

"
»