日本の暗号分野をターゲットとしたサイバー犯罪者の間で人気を博すフィッシング

日本の暗号分野をターゲットとしたサイバー犯罪者の間で人気を博すフィッシング

サイバー犯罪者 日本のクリプトカルトを盗むためにフィッシング詐欺を利用している。 の数 日本語の詐欺メール 昨秋、1,500に急速に拡大している。

適切な措置を講じていないと非難された暗号交換

筑波大学と野村アセットマネジメント 彼らの顧客に適切なセキュリティを提供するための6つの政府承認取引所を非難する報告書を発表した。 両者は、これらの取引所がサイバー犯罪およびフィッシング詐欺対策に十分な対策を講じていないと主張した。

5月に、Bitflyerは顧客に、元のウェブサイトに似ているフィッシングウェブサイトにリダイレクトしている偽の電子メールについて警告しました。 サイバー犯罪者は、犠牲者にIDとパスワードの入力を求め、資格情報を盗み出します。 6月の22では、FSAはBitflyerに真剣なビジネス改善命令を出しました。

サイバー犯罪者が、日本語を使用して、疑いのない被害者から盗む

暗号投資家を対象とした日本語での最初の偽の電子メールは、11月に 日本のフィッシング対策協議会とトレンドマイクロ、有名な情報セキュリティ会社です。 その2つは、それ以来、Cryptoトレーダをターゲットとした1,500の偽の電子メールが日本語で送られてきたと付け加えました。 この言語を使用すると、詐欺のケースが増えることが予想されます。

介入する政府の計画

日本与信情報サービス(JCIS) 日本政府と協力して、クリプトに関する問題を調査してきました JCIS広報担当、鈴木輝子。 しかし、JCISには日本政府との公式契約はありません。 スズキ氏は、JCISは、Crypto部門のサイバー犯罪者との戦いの直後に、FSA、警察庁、東京都警察など様々な政府機関と協力したいと考えていると付け加えた。

日本のサイプトセクターにおけるサイバー犯罪

最近、日本の暗号交換はサイバー犯罪の被害者となっています。 たとえば、今年1月、同国最大の暗号交換機関の1つであるCoincheckは、ハッカーの攻撃を受けました。 市場価値580億円のNEMトークンが盗まれました。 しかし攻撃の間、この会社の多くの従業員は英語で詐欺メールを受け取りました。 攻撃の調査では、開封時に電子メールがウイルスに感染していることが明らかになりました。

攻撃後 Coincheck、FSA 暗号セクタをより安全にし、同様の攻撃を未然に防ぐ対策を実施しました。 当局は、システムのセキュリティを強化するために、国内の暗号交換をターゲットにしています。 これらの取引所に関する早期の検査では、特にサイバー攻撃を受け易い内部管理システムにおいて、一連の欠陥が特定されていました。

暗号業界における攻撃の悪影響

Cryptocurrenciesが地方分権の根拠として得た人気にもかかわらず、ハッキングのケースが評判に悪影響を与えていることは秘密ではありません。 ハッカーはCryptoの交換をターゲットにしており、何十億ドルものCryptocurrenciesで逃げ出しています。 暗号分野でハッキングの事例が報告されるたびに、市場が揺らぐ。 課題に取り組むために、さまざまな取引所が、システムを安全にするための対策を導入しました。 政府の規制機関も、取引所にいくつかの規則を遵守させるよう介入させることを提案している。

"
»