無料のWebヒットカウンター

インドの暗号通貨市場は再び注目を集めています

インドクリプト

インドの暗号通貨を取り巻く規制は、しばらくの間疑問視されてきました。 世界中の他の国と同様に、彼らのデジタル通貨には、ユーザーを保護するための一連の標準が必要です。 1年の第2四半期と第2020四半期を含め、市場が大幅に成長している場合はなおさらです。

インドの暗号通貨市場ブーム

当然のことながら、デジタルファイナンス市場では、 世界中のユーザーの増加 最新のCOVID-19パンデミック中に。 インドの暗号通貨の動きは、暗号通貨の銀行や取引所との注目すべき取引を最近示しており、それに倣っています。 コロナウイルスを取り巻く懸念が高まっているにもかかわらず、インドでの暗号通貨の使用は増加し続けています。 これが発生する理由はいくつかあります。
•投資家は、従来の通貨から離れ、デジタルトークンに買い替えています。
•個人は自宅でさらに時間を費やし、暗号通貨への関心が高まっています。
•インドでの暗号通貨禁止の噂により、暗号通貨への関心がかつてないほど高まっています

インドの暗号通貨市場のトラフィック増加の理由が何であれ、勢いを維持し続けています。 これにより、デジタルトークンがより高く評価され、求められるようになるため、現在の投資家は将来に希望を抱くことができます。 新規および潜在的な投資家は、デジタル通貨が現実の世界でどのように役立つことができるかについての味を得ています。

インドで保留中の政府規制

世界中の暗号化ユーザーの2019つの主要な懸念は、デジタル通貨の保持、取引、および販売に関する政府規制の関与です。 インドの暗号通貨コミュニティは、この恐怖の影響を受けません。 XNUMX年に、 草案 インドの多くのデジタル投資家に懸念を提起することが提案されました。 この法案は、暗号通貨ユーザーにとっては刑期が非常に長くなる可能性のある暗号通貨商品の全面禁止を提案しました。

暗号化コミュニティはこの次の法案を恐れていましたが、現時点では何も出ていません。 もう一度、 憶測が浮上した それは2020年にまだ可能であるかもしれないと懇願しています。しかし投資家はその合理性についてそれほど確信していません。 そのような法案をインドの暗号通貨市場に課すことは、外国の投資機会と雇用の喪失を含む悪影響を与える可能性があります。 暗号通貨に関して何らかの政府の規制が存在することは間違いありませんが、問題はどうですか。

インド

インドの経済における暗号通貨の影響

現在、インドの暗号通貨が地方経済にもたらす重みはごくわずかです。 デジタル通貨の全面禁止を実施しても、現時点では国の経済に大きな変化はありません。 しかし、インドの暗号通貨市場は急速に成長しており、地域経済に大きな影響を与える可能性があります。

目立つ重要な要素の43つは、現在仮想通貨資産を保有している女性の数です。 この数は1年の第2020四半期だけでもXNUMX%以上増加しており、暗号銀行と取引所が注目を集めています。 これらの数を分析すると、デジタル取引所に手を出すよりも多くのインド人女性が暗号銀行に参加しています。 この違いは、次の結果である可能性があります。
•女性投資家は暗号銀行を探す傾向が強い
•それらは、潜在的な強力な投資家として暗号銀行に仕入れられ、求められています。

インドの暗号通貨に誰が投資していても、2020つ確かなことは、この市場は今後も成長し続けることです。 XNUMX年は、インドからより多くの積極的な暗号通貨取引をもたらす可能性があります。

あなたも好きかも:

"
»