みずほフィナンシャルグループ、日本で円ベースの安定コインを発売

日本

日研アジアレビューの報告によると、みずほフィナンシャルグループ(MHFG)は ステーブルコインを発売する計画 それは日本円に釘付けです。 このCryptocurrencyは来年3月までに意図されたユーザーに利用可能になると予想されています、そこでそれはゼロコスト送金と買い物支払いサービスを促進するでしょう。

金融グループは、クリプト通貨を通じて日本をキャッシュレス社会にすることを計画しており、円ベースのStablecoinはこの野心的な使命を実現する上で極めて重要です。 Stablecoinは、購入者や電子商取引や請求書決済などの他のオンライン取引でも、保有者がデジタル資産を使用できるようにする小売サービスを対象とします。

円安定コインは1コインあたり1円に固定されます。これは1ユニットあたり約$ 1セントです。

金融会社は影響力のある立場にあります

みずほフィナンシャルグループ(MHFG)は日本で2番目に大きい銀行であり、したがって世界でも最大級の銀行です。 そのポジションと規模は、特に多くのことが行われる必要があるCryptocurrency業界において、銀行が変化に影響を与える可能性がある世界で重要なポジションになります。

さらに、MHFGは、60の地域銀行を機内に持ち込み、円建てのStablecoinが安全でインフラストラクチャのアーキテクチャーと互換性のある銀行エコシステムを構築する予定です。 競争力を維持するために、より多くの銀行が商品ポートフォリオを多様化するために参加することを好むため、この計画はすでに成功していると見なされます。

みずほ

小売業界に革命を起こす

MHFGはStablecoinプラットフォームを、小売業者と顧客の両方にとって使いやすいものにするように設計しています。 第一に、公式声明によると、小売業者は、彼らの販売から資金を調達するときに手数料を請求されません。 彼らは即座にそして安全に彼らの企業の銀行口座に直接円Stablecoinを預けます。

Yen Stablecoinで買い物をする顧客にとっては、口座に資金を返金したり、個人の銀行口座から携帯電話にお金を移動したり、あるいは仲間や商人に資金を送ったりするための無料のプロトコルがあるでしょう。

さらに、クライアントはQRコードをスキャンすることによって支払い転送を容易にするモバイルアプリをダウンロードする必要があります。 このソフトウェアは、Android、Apple、およびBlackberryなどの他のオペレーティングシステムと互換性があります。

そのアイデアは去年考案されました

1年前、当時のMHFG会長の佐藤康弘氏は、小売レベルでの商人専用のCryptocurrencyの作成を目的としたJ-Coinプロジェクトを提案しました。 このプロジェクトはまた、中国や他の場所からの外国人がMHFGネットワ​​ーク内の暗号通貨を使用して日本で商品やサービスの代金を支払うことを可能にするためにAlipayプラットフォームと互換性があるように設計されていました。

MHFGが提案を検討し、Stablecoinとその生態系と命名されることになるだろうという使命を実現するための最善の解決策を設計したことは今や明らかです。

興味深いことに、日本最大の金融会社である三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)も、1月に2018で独自のトークンを立ち上げることを計画しており、競争は「暗号ベース」の世界への旅をより厳しくしつつあります。

"
»